大阪インプラントセンター茨木:岡田歯科のインプラント

HOME >> 診療案内 >> インプラント >> 他の治療との比較

インプラントとその他の治療との比較

歯を失ってしまった際の治療方法はいくつかあります。それぞれの治療法のメリットとデメリットをご紹介しますので、比較した上で、ご自身に合った治療法をお選び下さい。

治療方法

インプラント
インプラントイメージ
ブリッジ
ブリッジイメージ
部分入れ歯
部分入れ歯イメージ
総入れ歯
総入れ歯イメージ

対応可能な本数

1本〜すべて 1本〜2本 1本〜数本 すべて

歯・顎への影響

機能回復できる
骨の吸収を防ぐ
両側の健康な歯を削る必要があり支える歯への負担大 とめ金部分を削る場合もあり支える歯への負担大 顎の骨の吸収が進み、痩せていく

審美性

天然歯に近い 保険外材料の選択により天然歯に近い修復 針金のとめ具が見える部分もある ガタつきやすい

お手入れ

通常の歯磨き
定期検診
歯間ブラシや
フロスを併用した歯磨き
義歯洗浄
支える歯や
口腔粘膜の清掃
義歯洗浄
口腔粘膜も清掃

治療期間

顎骨の状態によるが3ヶ月〜1年程度治療後も要メンテナンス 周囲の歯の状態によるが
1ヶ月〜3ヶ月前後
装着後も要調整
1ヶ月前後で作製装着後も要調整

費用

保険適応外 健康保険適応
(材質によっては保険適応外)

欠点

外科手術が必要
費用が高額
支えている健康な歯を失う恐れあり 違和感を感じる
支えている健康な歯を失う恐れあり
噛む力の低下
ガタつきやすい
骨が痩せる