大阪インプラントセンター茨木:岡田歯科のインプラント

HOME >> 診療案内 >> インプラント >> ノーベルガイド

ノーベルガイド(Nobel Guide)とは、コンピュータソフトを使用して、 従来の手術計画よりも正確にシュミレーションを行うことができる、画期的なインプラント手術システムです。

インプラント手術時に従来は切開手術を行っておりましたが、このノーベルガイドを使用することにより、 切開手術を行わなくてもインプラント治療を施せるようになりました。

また、手術を行う前に骨の中まで精密に映し出された3D画像を使って、コンピューターで手術の全工程をシミュレーションできるため、起こりうるリスクを予想したり、対処法を用意したり、手術後に装着する義歯を前もって作製しておくことが可能です。

これにより、手術時間が約1時間程度と飛躍的に短縮され、手術した日に新しい義歯で噛むことができたり、治療のための通院回数が格段に減ります。

ノーベルガイドによる術前シミュレーションと埋入プランニング

ノーベルガイドの利点

治療期間

短い治療期間と手術時間で完了する。

体の負担

切開手術を行わないため痛みや腫れが少なく、治癒が早い。

噛めるまで

手術当日に新しい義歯をつけることができる。

治療計画

手術用テンプレートを使用するため、計画通りに治療ができる。
リスクが事前にわかる。

メリット

治療の行程が少ないため、ミスや炎症などのリスクが格段に減る。
一日で、新しい義歯で噛むことができる。
通院回数と手術時間が少ないため、患者様の負担が軽減する。

ノーベルガイド使用による手術の流れ(ケース内容によって異なります)

【診察・インプラント治療方針立案】

1.
口内の型を採る
2.
ラジオグラフィックガイドの作製・CTスキャン撮影

口内の型を基に、ラジオグラフィックガイド(最終的な歯の位置と形を示したプラスチック製のマウスピース)を作製。 これを口内にはめて、CTスキャン撮影をします。

3.
3D画像解析・手術のシミュレーション

CTスキャンデータを基に、神経や歯根の位置を確認しながら、インプラントの埋入手術をシミュレーションします。使用するインプラントの選択や、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。
決定した手術の計画情報はインターネットを通じてプロセラセンターに送られます。

4.
手術用テンプレート(サージカルガイド)作成

シミュレーションした計画通りに手術を実行するための手術用テンプレート(サージカルガイド)が、プロセラセンターにてCAD/CAMを駆使して作製されます。

5.
仮歯の作製

サージカルガイドと元の口の型を組み合わせて、義歯(仮歯または最終上部構造)を作製します。

 

【無剥離無切開インプラント手術と義歯の装着】

6.
手術(ガイデッドサージェリー)

必要な全てのパーツがそろった上で、実際の手術を行います。
微妙な角度まで全てサージカルガイドが補助するため、予定よりズレたり、角度が変わってしまうこともありません。また歯科医師の手がぶれるなどのミスも防ぐことができます。
ほとんどの場合1時間程度で手術が完了します。
歯肉を切開・剥離して骨を確認する必要がないので出血や傷も最小限で済み、術後の腫れが少なく、患部が早く治癒します。(2週間〜)

    【手術の流れ】

    1.サージカルガイドの装着 :手術のためのガイドを歯型にぴったりはめます
    2.歯肉パンチ :インプラント埋入のための穴をハンコを押すようにして開ける
    3.インプラント埋入 :インプラント体を埋入します

7.
仮歯の装着

手術行程が終わったらすぐに、前もって作製しておいた仮歯を装着します。
その日に食事することも可能です。

8.
義歯(最終補綴物)の装着

仮歯の装着後、咬み合わせ等の様子を見て最終補綴物を装着します。