大阪インプラントセンター茨木:岡田歯科のインプラント

HOME >> 診療案内 >> インプラント >> CT

当院ではインプラント手術に欠かせないCTスキャンを完備しております。
レントゲン撮影では見えなかった部分が、精密にわかるため、インプラント治療の精度も飛躍的に向上します。

撮影は座ったまま行い、正面と側面から撮影を行います。低被ばく線量なのでご安心ください。パノラマX線装置より撮影した画像は、コンピューターに取り込み、3次元の画像がご覧頂けます。

歯科用CTの画像

低被爆高精細パノラマ型C T

当院で採用している歯科用CTは、(株)ヨシダの低被爆高精細パノラマ型C Tです。

装置がコンパクトで、院内に完備できるため、CT検査のために患者様がわざわざ遠くの検査施設まで出かける負担が無く、通常の医療用CTに比べて、被ばく量が非常に少なく安全です。

また座ったままで撮影できるため、顎の状態が自然なまま撮影ができること、患者様の精神的な負担が少ないことが特徴です。
非常に緻密な手術を行う歯科治療のため、さまざまな角度から撮影した豊富な3次元画像データをもとに、詳細な診断を行います。

歯科用CT

3Dデータを活用したガイデッドサージェリー

当院では、歯科用CTで撮影したデータをもとに、インプラントの術前シミュレーションと埋入プランニングのコンピュータソフトを利用して、ガイデッドサージェリーも行っています。

ガイデッド・サージェリー(GuidedSurgery)とは、CTで得られた情報をもとに、インプラント埋入プランニングソフトを使い、より正確で安全な手術を行う方法です。
手術前により正確な顎骨の状態、血管や神経の位置などを把握し、コンピュータで分析したうえで行うので、リスクが少ない、通院回数や回復までの期間が少ないなど、メリットの多い手術方法です。

当院では、コンピューターサージェリーソフトとして、ノーベルバイオケア社のノーベルガイドを所有しています。CT検査で得られた情報を最大限に活用して、困難な手術を低侵讐で安全に行うことが可能です。

ガイデッドサージェリーの注意点

以下のようなケースでは、ガイデッドサージェリーでは治療が行えない場合があります。

  • 骨が軟らかい方や一部の症例によっては、その日に歯を入れることができません。
    3〜4ヶ月間程度して、埋め込まれたインプラント体の周りの骨が安定してから、義歯を装着します。
  • 口腔内の状態によっては、インプラント治療そのものが、適さない場合があります。