大阪インプラントセンター茨木:岡田歯科の矯正歯科

HOME >> 診療案内 >> 矯正歯科

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになり、調和の取れた顔立ちになる事だけではなく、
咀嚼機能の改善や、発音障害の改善など、全身の健康に影響を及ぼす治療の一分野です。

矯正治療の必要性

出っ歯や受け口などといった歯並びの悪さは見た目の美しさが損なわれるだけでなく、実は身体に様々な悪影響を及ぼす恐ろしい病気なのです。
そのいくつかの例として以下のものが挙げられます。

歯並びが悪いことで起こる弊害

  • 汚れがたまりやすく、口臭・虫歯・歯周病の原因になる
  • 発音に影響を起こす場合がある
  • 食事の咀嚼(そしゃく)と栄養吸収の効率が悪い
  • 全身の姿勢のバランスをくずし、頭痛や肩こりなどの原因になることがある
  • 悪い歯並びが、劣等感になり、心理的にストレスを与える場合がある
  • 成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、 発育不足をおこすことがある

矯正装置の種類

当院では様々な矯正装置をご用意しております。メリット・デメリットを含め、患者様ご本人に合った装置と治療方法をご提案させていただいております。

メタルブラケット (金属の矯正装置)

金属で出来たブラケットです。金属で出来ているため薄くて丈夫なつくりになっています。
接合部の接着剤の発達により小さな金属を使用しているので以前ほど目立たなくなりました。

見た目 ×
治療期間
口腔内への負担
費用
メタルブラケット(金属の矯正装置)

セラミックブラケット (セラミックの矯正装置)

歯の色に近いセラミック製の目立たない装置です。白いワイヤーを用いると更に目立たなくなり、 遠目には矯正をしている事が殆ど分かりません。また、金属アレルギーの方でも問題ありません。

見た目
治療期間
口腔内への負担
費用
セラミックブラケット (セラミックの矯正装置)

インビザライン (マウスピース型の矯正装置)

透明で取り外し可能なプラスチックのマウスピースを、2週間に1度交換することにより徐々に歯を動かしていきます。
ホワイトニングも同時に行うことが可能です。見た目は透明なので他の人には、ほとんど見えません。また、金属アレルギーの方でも問題ありません。

見た目
治療期間 ×
口腔内への負担
費用 ×
インビザライン (マウスピース型の矯正装置)

矯正治療の流れ

矯正相談・検査
ご相談
お口の中を診ながら、お悩みを聞き、可能な治療方法などをご説明させていただきます。
検査
歯の型どり、レントゲン、写真撮影などをし今後の治療計画をご説明させていただきます。
矯正治療開始
矯正装置の装着
装置や治療方法によって異なります。
通院
治療開始直後は1〜2週間に一度。治療が進めば、3週間に1回程度の割合で通院していただき、調整とクリーニングを行います。
治療期間や通院回数は治療方法によって異なりますが、半年〜数年間となります。
移動終了
装置をはずします。
歯の移動終了 保定める期間  矯正治療完了
リテーナー(保定装置)の作製と装着
治療によって整った歯並びを定着させるために、取り外し可能な保定装置をつけます。
通院(観察期間)
保定装置に変えてからは、長期間隔で通院していただき、歯並びの戻りがないか観察します。問題なければ矯正治療は完了です。

※小児矯正の場合、お子様の歯の成長に伴って、二期治療を開始する場合もあります。

自費診療の保証について

装着日より2年間保証をしております。
(但し、2年目以降3年未満は半額にて治療をさせて頂きます)